最愛の恋人と遠距離恋愛で不安になることってありますよね?

 

やりたいことがあるから都会の学校に行くことになったり、転勤で遠くに行くことになったりして、恋人と離れ離れになるのともあるでしょう。

 

僕の知り合いでも、専門学校に行ために彼女のほうが都会に一人で行って、遠距離になったカップルもいました。

同僚では、東京と大阪の遠距離恋愛を4年続けたのちに結婚したカップルがいます。

 

遠距離恋愛には不安は付きもの。

故に遠距離恋愛で破局しているカップルは、なんと70%以上といわれています。

 

好きな彼・彼女とは遠距離恋愛でも上手くやっていきたいですよね。

ここでは、遠距離恋愛が別れやすい理由を解説し、遠距離恋愛でも上手くいく方法もお伝えしています。是非、参考にしてください。

遠距離が別れやすい理由

遠距離恋愛で別れてしまう理由は、以下の5つが挙げられます。

別れる理由①.会えないことで気持ちも離れる

女性の場合は彼氏に頼れなくなるのですが、一旦冷静になってみると彼氏がいなくても大丈夫だと気づくことがあります。

男性は、近くに彼女がいないことで他の女性に魅力を感じてしまって浮気をすることも。

遠距離恋愛初期ではお互いに愛を誓い合ったはずが、段々と遠距離の生活にも慣れてしまって気持ちが離れてしまい、「別に一緒に居なくても良いんじゃない?」と別れてしまうケースもあります。

別れる理由②.連絡が減る

最初は毎日LINEや電話をしていたけど、一方が忙しくなったり、めんどうになってきて連絡が2日に1回になることもあるでしょう。

そうすると、相手のことを考える時間が減り、一緒にいる必要性を感じなくなってしまうことで別れを招いてしまいます。

別れる理由③.会う頻度が少なくなる

近くにいれば仕事終わりでも会えるし、休みの日は1日中一緒にいれたのに、遠距離ですと会う回数が減ってきます。

遠距離恋愛では月に1回、多くても2週間に1回くらいでしょう。

それくらいのペースで会い続けていれば問題はないでしょうが、一方が忙しくて会う回数が減ったり、移動費や時間などで会うことを制限すると段々気持ちが離れていき別れてしまいます。

別れる理由④.いつ戻ってくるかわからない

遠距離恋愛でも、期間が分かれば乗り切れますよね。

例えば、「学校を卒業したら戻ってくる。」「3年だけ転勤してその後戻ってくる。」など。

 

逆に「いつになったら一緒になれるの?」となると、気持ちが離れていきます。

結婚を考えているなら、尚更期間を決めておいた方が良いです。でないと、一方が痺れを切らして別れを急いでしまいます。

別れる理由⑤.相手に恋人ができる

世の中の半分は男女のどちらかですよね。

なので、いくら好きな恋人がいるからといっても寂しさのあまりに、近くにいる異性に惹かれてしまうこともあります。

女性なら寂しさで近くの男性に頼っているうちに好きになることもあるでしょう。

男性なら性欲を抑えられずに別で彼女を作った。相手に恋人ができてしまって別れてしまうこともあります。

遠距離恋愛のメリット

遠距離恋愛は別れてしまうリスクは高いのですが、メリットを知っていればポジティブに考えられるでしょう。

遠距離恋愛のメリットを意識していれば、別れてしまうリスクを回避できますし、お互いの愛を深めるスパイスにもなります。

メリット①.自分の時間が増える

恋人と会っていた時間が減る一方で自分の時間が増えます。

その時間で趣味に没頭したり、やりたかったこと、資格取得などにチャレンジすることもできます。

変に恋人のことを考えすぎても不安になるだけです。

それよりも、自分の好きなことを突き詰めたり、自分磨きに没頭したほうが恋人にとっても魅力的に映るのではないでしょうか。

メリット②.会えた時の感動がある

遠距離恋愛では普段会えない分、会えた時は感動してしまうでしょう。

近くにいれば、会えたとしてそれが当たり前になってしまったり、喧嘩が増えたり、恋人の有り難みが分からなくなりますよね。

たまに会えるくらいですと、喧嘩している時間が勿体無いと感じてきてより仲が良くなります。

居酒屋行くのも貴重な時間ですし、旅行に行く時間も大切にしたいと思うでしょう。

メリット③.デートがマンネリ化しづらい

近くで毎回会っていると、デートコースがマンネリ化しますよね。

デートプランを毎回考えるのも大変ですし、お互いが飽きてしまいます。

一方、遠距離恋愛ですと会うこと自体がすでにサプライズ感覚です。

会う回数も限られているので、たまにしか行けない旅行に行ったり、観光地を探索したり、デートプランがマンネリ化しづらいことでデートに新鮮さが出てくるでしょう。

遠距離恋愛のデメリット

デメリットを理解しておくことで、破局を回避しましょう。

デメリット①.会いたいときに会えない

遠距離恋愛ですと、近くにいないため会いたいときに会えないデメリットがあります。

例えば、親戚がなくなったとか、単純に「会いたいだけ」というときでも、気軽に会えませんよね。

大事な話も会って話ができない、LINEや電話になってしまうこともあるでしょう。

一方が不安になってしつこく連絡してしまったり、浮気してんじゃないかと疑ったりすると関係が悪くなることもあります。

食い違いから喧嘩になってしまっても、会って話ができないのは辛いですよね。

デメリット②.浮気されてもわからない

遠方にいる恋人が、毎日何をしているのか完全に把握するのは難しいですよね。

一方が寂しさのあまりに浮気したりしても、相手は分かりません。

相手が知らない間に恋人を作ってしまい、別れてしまうケースも結構あります。

デメリット③.1回会う時のお金がかかる

遠距離恋愛では、1回会うのにも旅費、宿泊代、移動代がかなりかかりますよね。経済的にも頻繁には会えません。

一方が学生なら、お金がないから今は会えないなんてこともあり得ます。

会う機会が減ることは別れてしまうリスクを高めてしまうので、お金がかかるのはデメリットになりますね。

遠距離恋愛でも上手くいく方法は?

僕の知り合い遠距離恋愛のカップルは東京と大阪の遠距離恋愛を4年間続けたのちに結婚しました。

そのカップルを参考しながら、遠距離恋愛でも上手くいく方法をご紹介します。

方法①.いつまでに戻るか決める

まず共通の目標を立てること、いつまでに戻ることを決めておくが遠距離恋愛でも上手くいきやすいです。

月1回会うときでも「また会えるから仕事を頑張れる」「あと3年離れていても、一緒に住むから今は頑張れる」こういった思考に変わっていきます。

結婚を前提にしているなら尚更、いつまでに戻るかはとても重要です。

方法②.1日1回は絶対に連絡する

遠距離恋愛ですと、連絡の頻度はかなり重要です。

僕の知り合いの遠距離恋愛カップルも毎日LINEで連絡し合っていたみたいです。

一言でもLINEで連絡したほうが良いです。「おはよう」でも「お疲れ」でも簡単なものでも良いです。

 

連絡が途絶えてしまうと、相手を考える時間が極端に減ってしまいます。相手を不安にさせて、別れを招いてしまう恐れもあります。

連絡できなくても、「連絡できなくてごめん、○○で忙しかった」などちゃんと理由を添えることです。

 

個人的にはLINEや電話よりも、zoomといったテレビ電話が良いのではないかと思います。これなら相手の顔も見えますし、まるで近くにいるかのような錯覚になって相手のことが愛おしくなるでしょう。

方法③.会うときはサプライズを考える

遠距離恋愛では、会う機会が少ない分会えたときに目いっぱいサプライズをするのが良いでしょう。

例えば、恋人の欲しかったものをプレゼントを用意したり、彼女が行きたかったライブのチケットを取る、彼が欲しかった時計を買ってあげる。

こんな感じのサプライズを演出することで、離れていても「あなたのことを想っている」気持ち十分に伝わるでしょう。

遠距離恋愛では信頼関係を愛を深める

遠距離恋愛ではそのまま分かれてしまうカップルはとても多いのですが、逆に遠距離だからこそ愛を深めるカップルもいます。

僕の知り合いの遠距離恋愛ののちに結婚したカップルいわく、遠距離恋愛で上手くいくコツは「相手を信頼すること」だそうです。

 

遠距離恋愛には、いろんな壁がありますよね。

会いたいときに会えないとか、浮気してるんじゃないかとかの不安。

さらに、「いつ戻ってくるか」もわからない。こういう状態では相手を信頼できているとは言えませんよね。

 

好きな恋人に信頼してもらうために、あなた自身が何をするのか?

毎日連絡したり、いつ戻ってくるかをお互いで決めたり、「あなたのことがずっと好きですよ」といったメッセージやサプライズを送ったり。こういったことで遠距離恋愛でも愛を深めていくことは可能です。

この記事が参考になれば幸いです。

【大人気】おすすめの婚活アプリ3選

「出会いがない」

「彼女(彼氏)ができない」

「このままでは結婚できないかも」

悶々とした悩みを抱える人も多いでしょう。

僕自身も社会人になってから、極端に出会いがなく将来が不安でした。

過去には、合コンや街コンなども参加したことがありましたが、多くの時間とお金を消費してきました。

今はアプリが普及し、より多くの素敵な異性と出会うには婚活アプリを使った出会いが最もコスパが良いと言えます。

僕も婚活アプリを使って多くの女性とデートに行けました。今までの自分なら、絶対に出会えない女性とデートが楽しめるまでになりました。

婚活アプリを使えば、合コンのように誰が来るかわからない場で、お金と時間を消耗しなくて済むのです。

自宅にいながら気に入った異性と連絡をとり、意気投合すれば実際にデートを重ねるだけ。

時間もかからず、多くの異性と出会える婚活アプリ・サイトを活用してみてください。

まずは無料からお試しできますよ。

複数試してみて、あなたに合った婚活アプリを選んでみてください。

 

pairs(ペアーズ)
pairs2
迷ったらpairs(ペアーズ)
・800万人以上が利用(業界No.1)
・20代男女におすすめ
・男性月額3,000円前後(プランにより差額あり)
・男性は無料でお試し利用可能
・女性はすべてのサービスが無料
※料金は多少変動する可能性あり

pairs(ペアーズは、婚活サイト・アプリの中で最も認知度が高く、800万人が登録しています。

僕も婚活アプリを使って多くの女性とデートに行けました。

今までの自分なら、絶対に出会えない女性とデートが楽しめるまでになりました。僕もpairs(ペアーズを使って、実際に女性と食事に行くことができましたよ。

年齢層としては20~30代が多く、気軽に「恋人が欲しい」という男女におすすめです。

 

いますぐ始めたい人はこちら▼

詳細はこちら

 

omiai(オミアイ)
サクラゼロ宣言
【結婚も視野に】20~30代男女に人気
・利用者数360万人以上
・20~30代男女に人気
・真剣に出会いを探している人が多い
・男性月額3,000円前後(プランによる差額あり)
・男性は無料でお試し利用可能
・女性はすべてのサービスが無料
※料金は多少変動する可能性あり

omiai(オミアイ)は、登録者数360万人以上とペアーズに次ぐ人気の婚活アプリです。

僕30代の僕はomiai(オミアイ)を使って、多くの女性とデートに行けましたよ。

20代~30代で「結婚を見据えたお付き合いがしたい」という人が多く利用しています。

 

いますぐ始めたい人はこちら▼

詳細はこちら

 

with(ウィズ)
メンタリストDaigo監修
・恋愛心理学のノウハウが搭載
・趣味、性格診断であなたに合う異性が見つけやすい
・20代前半の男女が多い
・男性月額3,000前後(プランにより差額あり)
・1週間1,300円プランあり(男性21歳以下限定)
・男性は無料でお試し利用可能
・女性はすべてのサービスが無料
※料金は多少変動する可能性あり

with(ウィズ)は、メンタリストDaigoが心理学を駆使して提供している婚活アプリです。

with(ウィズ)は、趣味や性格診断などを入力し、異性との共通点を見つけやすいのが特徴です。「何を話そうかな?」と悩むこともないでしょう。

登録している女性の年齢層は比較的若く20代前半が多く、可愛い子(カッコ良い男子)もたくさん登録しています。

また21歳以下限定(1週間1,300円~)プランもあり、学生さんも使いやすいように配慮されています。

 

いますぐ始めたい人はこちら▼

詳細はこちら

おすすめの記事