婚活サイト・アプリの使い方

成功談!婚活サイト・アプリで女性と食事に行く方法とデートの誘い方

投稿日:12月 19, 2018 更新日:

僕は3ヶ月婚活サイト・アプリを使ってみましたが、8人の女性とデートに行くことができました。

この記事では、僕が実際に婚活サイト・アプリを使って女性と食事に行けた成功談をお伝えしています。

 

婚活サイト・アプリを使っていると、

「やったー。マッチングした!」

それは良いとして、

 

「マッチングしたけど、初めにどんなメッセージを送るのが良いの?」

「どんなやりとりが効果的なの?」

「やりとりの期間はどれくらいが良いの?」

「どうやってデート(食事)に誘えば良いの?」

というのがわからないですよね。

 

マッチングすると「こんな女性(男性)と実際に会えるのかー!」とテンションが上がりますが、マッチングしただけでは実際に会えるかどうかはまだわかりません。

マッチングは、顔合わせみたいなものでお互い第一印象は悪くないという程度です。

 

特別イケメンでもない僕が短期間にこれだけの女性と出会えたのですから、どんな流れで女性と食事に行けたのか?

どうやって、デートに誘えば良いのかをお伝えします。

 

再現性の高い方法ですので、この記事を読めば高確率で女性と食事に行けると思います。

 

僕がおすすめする婚活サイト・アプリは、この3つです。

pairs(ペアーズ)

omiai(オミアイ)

with(ウィズ)

これらは無料から始められますので、まずは試しに始めてみてましょう。

 

婚活サイト・アプリの始め方・使い方、効果的なプロフィールの書き方はこちら▼を参考にしてください。

体験談!婚活サイト・アプリの始め方・使い方とプロフィールの書き方

世の中には、「このままでは異性との出会いがない」と悩む人がいますが、今の時代多くの出会いの場があることを知ってください。   合コンや街コンなどが出会いの場としては有名ですが、一番コスパ良く ...

続きを見る

【成功談】婚活サイト・アプリで女性と食事に行くまでの流れ

婚活サイト・アプリで異性とマッチングした後に注意する点は以下の3つです。

  1. はじめの挨拶
  2. 会話の内容
  3. 他の異性との差別化を図る
  4. 脈のない異性は見切りをつける

では、一つずつ解説していきますので、頭に叩き込んでおきましょう。

はじめの挨拶

マッチングした後の最初の挨拶ですね。

まず、マッチングすれば比較的すぐにメッセージを送りましょう。

マッチングしていきなりメッセージを送るとガッツいているように思われるので、マッチングから2~3時間後くらいに以下のメッセージを送ってみてください。

はじめまして。

こんにちは(こんばんは)(^^)

よろしくお願いします!

旅行お好きなんですね?どこが楽しかったですか?

(質問をする。趣味のことなど)

実際に僕がよく送る挨拶文

 

最初の挨拶はこれくらいシンプルで大丈夫です。

返事が返ってこないこともありますが、そんな異性は何となくマッチングした軽い人なので気にせず他の人にいいねを送りまくれば良いのです。

NGな挨拶文

NGなのが、「よろしくお願いします。」だけや、逆に長文を送り付けることです。

最初はシンプルに、そしてナチュラルにやりとりが開始できることを心がけましょう。

会話の内容

最初の挨拶文を送り、無事に返事が返ってくれば、お互いの周辺情報を共有しましょう。

 

ここで、注意したいのが「あなたの最終ゴール」は何ですか?

ということです。

ほとんどの人のゴールは、デートに行くことですよね。

 

メッセージ上で、何週間もやりとりをしていても相手のことは本当にはわかりません。

じっくりやりとりをしてから会いたいという人は、他愛のない会話から始めても良いでしょうが、すぐにデートに行きたいという人は、以下のことを意識してみてください。

会話の内容は、どんな話題が良いの?

やりとりの話のネタとしては、

  • 好きな食べ物・飲み物の話
  • 休みに何をしてるか(趣味)の話
  • いつ休みなのか
  • 住んでいる場所

デートに誘いたいのなら、これらの話題をすると良いです。

 

これらの話題になれば、

「○○(食べ物、飲み物)が好きなんですねー。今度食事に行きませんか?」や

「この日は空いてますか?会ってお話してみたいですね。」

家が近ければ「近いですねー。今度ご飯行きましょう。」

と誘いやすいのです。

実際に僕が送るやりとり、デートの誘い方

こちらの女性▼とは「お酒は飲みますか?」という話題から、「ご飯に行きましょう。」と誘っています。

 

こちらの女性▼とは家が近かったので、「近いのでご飯に行きましょう。」と誘っています。

 

食事に誘ってみて相手もその気なら、次に具体的に「いつ会うか」を決めれば良いのです。簡単ですよね。

【※NG】デートに繋げにくい話題

旅行や趣味の話も盛り上がりますが、デートには繋げにくいのでほどほどにしておきましょう。

デートに誘いたいのなら、すぐにでも「食事」か「休みの日に何をしているのか(趣味)」「いつ休みなのか」の話に切り替えましょう。

 

意外にもよくない話題は、仕事の話です。

仕事終わりに、メッセージ上でも仕事のことを話したいと思わないからです。あまり楽しい気持ちにはなれませんよね。

なので仕事の話になったら「いつ休みなんですか?」→「休みの日に何してるのですか?」→「今度食事でも」と繋げましょう。

会うまでにどのくらいの期間やりとりをすれば良い?

お互いの返信ペースにもよりますが、5回くらいやりとりをした後にデート(食事)に誘うのが良いでしょう。

期間にして1週間以内には、デートに誘ったほうが実際に会える可能性は高いです。

 

デートに誘うには、前述した以下の話題に触れておきましょう。

  • 好きな食べ物・飲み物の話
  • 休みに何をしてるか(趣味)の話
  • いつ休みなのか
  • 住んでいる場所

挨拶から5回くらいまでのやりとりの間に、上記の話題を効果的に入れておけば、デートへ繋げやすくなります。

 

結局、婚活サイト・アプリでは実際に会ってみないとわからないという人が多いので、めんどくさいやり取りはほどほどに早めにデートの約束をしてしまったほうが効果的です。

他の男もどんどん食事に誘っているかもしれないのに、何週間もやりとりしているなんてナンセンスです。

ダラダラしてると会える可能性はだんだん下がってきますので、早めに誘うようにしましょう。

他の異性との差別化を図る

僕でもこのように▼、多いときで6人くらいの女性と同時にやりとりしています。

 

これだけの女性とやりとりをするのは、正直大変です。なので返信が1日に1回とかになってしまうのです。

これだと女性からの反応も白けてしまいます。

「この男はもしかして他の女ともやりとりしてるのでは」と。当然、他の女性ともやりとりしているのですが、女性は気分を良くしません。

他の男性との差別化は「マメに返信」すること

マメに返信するだけど、他の男より差別化が図れるのです。こんな簡単に他の男に差をつけられることはありませんよ。

これは、心理学の「単純接触効果」と呼ばれるものです。

つまり、短期間で頻回に接触するほうが、相手との信頼関係が構築されやすいという心理テクニックです。これは、実際に会わなくてもメッセージ上でも効果を発揮します。

 

ただ、マメに返信する。それだけです。

とはいえ、仕事終わりに6人もやりとりしていたら、それだけで1日が終わってしまいます。

なので、

  • 朝1回
  • 昼1回
  • 夜2~3回

全員に返信する。

これをルーティン化するのです。

6人に送信するとすれば、2分くらいで全員にメッセージが送れますよね。内容はあまり深く考えず、短文でもOKです。

脈のない異性は見切りをつける

せっかくマッチングしても、全く波長が合わない異性もいます。

例えば、

  • 返信が短文
  • 質問が一切ない
  • 2日以上返信がない

などは、デートに行ける可能性がかなり低いです。

まずもって、こちらにほぼ興味がないことの表れですし、人としてもちょっと愛想がないなって個人的には思ってしまいます。

これらの特徴を持った異性は、デートまでこぎ着けた試しがないので、他の異性にアプローチ(いいねやメッセージ)を送るか、すでにマッチングしている他の異性のために時間を使ってあげたほうが良いでしょう。

婚活サイト・アプリは、結論めっちゃ出会える!

おさらいですが、

  1. はじめの挨拶
  2. 会話の内容
  3. 脈のない異性は見切りをつける
  4. 他の異性との差別化を図る

この4つを徹底的に意識していれば、どんな人でも素敵な異性と出会うことができます。

僕は3ヶ月に8人の女性とデートに行くことができました。

僕の場合、出会いは数打てば当たると思っています。慣れてくると、月に2~3人の異性と食事に行くことができます。

出会いの場は、合コンや街コンなどたくさんありますが、出会いの場の中で一番たくさんの女性と出会えるのは婚活サイト・アプリです。

しかも、好みの女性とデートに行きまくれるのでかなりおすすめです。

 

【無料お試し】おすすめの婚活サイト・アプリをご紹介

「出会いがない」

「彼女(彼氏)ができない」

「このままでは結婚できないかも」

悶々とした悩みを抱える人も多いでしょう。

僕自身も社会人になってから、極端に出会いがなく将来が不安でした。

過去には、合コンや街コンなども参加したことがありましたが、多くの時間とお金を消費してきました。

今やアプリが普及し、より多くの素敵な異性と出会うには、ネットを使った出会いが最もコスパが良いと言えます。

僕も婚活サイト・アプリを使って多くの女性とデートに行けました。今までの自分なら、絶対に出会いないような女性とデートが楽しめるまでになりました。

婚活サイト・アプリを使えば、合コンのように誰が来るかわからない場で、お金と時間を消耗しなくて済むのです。

自宅にいながら気に入った異性と連絡をとり、意気投合すれば実際にデートを重ねるだけ。

時間もかからず、多くの異性と出会えますよ。

pairs(ペアーズ)

pairs(ペアーズ)は、婚活サイト・アプリの中で最も認知度が高く、800万人が登録しています。

年齢層としては20~30代が多く、気軽に「恋人が欲しい」という女性が多いです。

 

pairs(ペアーズ)は1ヶ月3,480~。

僕もpairs(ペアーズ)を使って、実際に女性と食事に行くことができましたよ。

 

 

omiai(オミアイ)

Omiai 【Webプロモーション】

omiai(オミアイ)は、登録者数360万人以上とペアーズに次ぐ人気の婚活サイト・アプリです。

20代~30代で「結婚を見据えたお付き合いがしたい」という人が多く利用しています。

僕30代の僕はomiai(オミアイ)を使って、多くの女性とデートに行けましたよ。

1ヶ月3,980~から利用可能です。

 

with(ウィズ)

with(ウィズ)は、メンタリストDaigoが心理学を駆使して提供している出会い系アプリです。

with(ウィズ)は、趣味や性格診断などを入力し、異性との共通点を見つけやすいのが特徴です。「何を話そうかな?」と悩むこともないでしょう。

登録している女性の年齢層は比較的若く20代前半が多く、可愛い子もたくさん登録しています。

1ヶ月3,400~利用できます。

また21歳以下限定で1週間1,300円で利用できるプランもあります。お金がそんなにない学生さんも使いやすいように配慮されています。

 

-婚活サイト・アプリの使い方

Copyright© 恋愛婚活パートナーガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.