【恋愛】男性に多い悩み

彼女ができなかった僕が彼女ができた経緯を紹介する

投稿日:

 

かっちゃん
彼女が欲しい。

 

そう思ってもなかなかできないものです。

がむしゃらに頑張れば彼女ができるわけでもありませんし。

実は僕も彼女か欲しくてもなかなかできない時期がありました。

 

勉強やスポーツは、自分ががむしゃらに頑張ればそれなりの結果は出るのですが、人間関係、特に彼女を作るためにはがむしゃらではいけません。

彼女ができない焦りから、出会ってすぐに告白していた時期もありました。もちろん玉砕です。

 

そんな僕も冷静になり、女性との距離感を掴んだことから彼女ができるようになったのです。

一度彼女ができると、男性は自信がつくものです。男は童貞さえ捨ててしまえば一人前だと思っている節がありますからね。

 

ここでは、彼女ができなかった僕がどのような経緯で彼女ができたのかをお伝えします。

彼女ができずに"焦り"だけが先行した

僕は小学生の頃から、女性と話すのが苦手でした。何なら同性とも上手く話せていなかったかも。

それがずっとコンプレックスで、中学生や高校生になっても異性と上手く話せずにいました。

「あいつ(友達)は女の子と気軽に羨ましいなぁ~」なんて遠目でいましたね。僕はイケメンでもないので、女性からアプローチをしてくることもありません。

勇気を出して、同じ高校の可愛い子を見つけて「メールアドレスを教えてください。」って言ったこともありましたね。フル無視で素通りされましたが。

 

いざ女性と食事に行ける機会があっても、全く喋れず、2回目の食事に誘っても音信不通ということもありました。女性って、意外と1回くらいは食事に行ってくれるんですよね。2回目の食事に行けるかどうかが肝心なのです。

恋愛本をたくさん読んだ

「どうしたら女の子と気兼ねなく話せますか?」なんて、友達に恥ずかしくて聞けないじゃないですか?

だから、僕はとにかくたくさん本を読んで女性の心理を学びました。

 

恋愛本に書いてあることは、

  • 女性の話に解決策を出してはいけない
  • 共感すること

などですね。

当時は「ふむふむ」と頷きながら読んでいました。

それでも、彼女ができない僕にとっては、勉強になるばかりでした。

 

だけど、恋愛本ばかり読んでいても、何か違うことに気づきました。

異性としてではなく、女性と仲良くなる意識で接してみた

社会人1年目で異性との出会いが職場しかなかったので、休みの日に合コンや街コンに繰り出したりもしていました。

何人か食事にもいきましたが、一向に彼女がてきそうにありませんでした。

あれだけ恋愛本を読んだのに、上手くいきませんでした。

なんでだろ?と考えて、僕は気づいたのです。

「彼女を作ろう」という意識でしていたので、連絡もかなりしつこかったと思います。

LINEには質問で返した方が返事が来やすい、などと考えて、どうでも良い質問をたくさんしていましたね。何とか関係性を維持したかったのです。

でも、そんな強引なやりとりでは、本当の意味で関係を築くことはできないのです。

もちろん男らしく強引にリードしたほうが良い場合もあります。

だけど、相手のペースに合わせて一歩引いたほうが関係性は断然良くなるのです。

 

彼女を作ろうと意識しすぎて、彼女になってくれるなら誰でも良いやとなっていたのです。人間性が疑われますよね。

そうではなく、異性も一人の人として、深く関係性を築くことを大切にしました。

いろんな女性と出会ってもLINEで少しやりとりをして関係性が続かないこともありますよ。だけど、やりとりが続いてさえいれば、デートに誘っても1回や2回は付いてきてくれます。

そこでも下心など見せずに、ひたすらお互いのことを話合う。女性にとっては、ただヤリ目的で来ている男性よりも、「この人は誠実」と思える男性のほうが好感が持てるのです。

デートを3~5回くらい重ねれば彼女になってくれる確率はかなり高まります。そうなると告白の方法なんて何でも良いのです。なぜなら、女性も男性からの「彼女になってください」待ちですのでね。

僕はだいたい3回目で告白するのが定番です。彼女ができれば、一緒にディズニーランドに行ったり、紅葉を見に行ったり、クリスマスを一緒に過ごしたり。人生潤いますよ。

あなたに合った女性は必ず見つかる

今は、昔みたいに特定コミュニティだけでしか出会えない時代ではありません。

会社に良い人いない。それなら、会社以外で出会いを探せば良いのです。

 

女の子を紹介してくれる人がいない?

合コンに誘ってくれる人がいない?

それなら、街コンに参加すれば良いのです。

 

出会いならいくらでもあります。

 

僕がおすすめしている出会い系マッチングアプリは、出会いの場の中でも最もコスパ良く出会えるツールです。

Facebook経由で登録するので、友達同士になっている人は表示されないのです。なので身バレする心配もありません。

僕も半年ほど活用しましたが、一回も知り合いにバレたことがありませんし、知り合いが使っているのを見かけたことがありません。

 

合コンや街コンでは出会える女性の数が限られていますし、好みの女性がいても相手が自分を良く思ってくれるかはわかりません。

一方、出会い系マッチングアプリは相手にいいねを送り、ありがとうなどの返答が来ればマッチング、やりとりがスタートする流れです。

相手の女性も自分に興味があることがすぐにわかるので、食事に誘って実際に出会える可能性はかなり高くなります。

僕は3ヶ月で8人の女性と食事に行きました。皆んな登録してある写真通り、可愛い子ばかり。

出会い系アプリの月額利用料は飲み会1回分くらいですので、合コンに行くよりはるかにコスパが良いです。

また、月額課金の前に無料でお試しもできるので、どんな女性が登録しているかも合わせて確認してみてください。

 

【無料お試し】おすすめの婚活サイト・アプリをご紹介

「出会いがない」

「彼女(彼氏)ができない」

「このままでは結婚できないかも」

悶々とした悩みを抱える人も多いでしょう。

僕自身も社会人になってから、極端に出会いがなく将来が不安でした。

過去には、合コンや街コンなども参加したことがありましたが、多くの時間とお金を消費してきました。

今やアプリが普及し、より多くの素敵な異性と出会うには、ネットを使った出会いが最もコスパが良いと言えます。

僕も婚活サイト・アプリを使って多くの女性とデートに行けました。今までの自分なら、絶対に出会いないような女性とデートが楽しめるまでになりました。

婚活サイト・アプリを使えば、合コンのように誰が来るかわからない場で、お金と時間を消耗しなくて済むのです。

自宅にいながら気に入った異性と連絡をとり、意気投合すれば実際にデートを重ねるだけ。

時間もかからず、多くの異性と出会えますよ。

pairs(ペアーズ)

pairs(ペアーズ)は、婚活サイト・アプリの中で最も認知度が高く、800万人が登録しています。

年齢層としては20~30代が多く、気軽に「恋人が欲しい」という女性が多いです。

 

pairs(ペアーズ)は1ヶ月3,480~。

僕もpairs(ペアーズ)を使って、実際に女性と食事に行くことができましたよ。

 

 

omiai(オミアイ)

Omiai 【Webプロモーション】

omiai(オミアイ)は、登録者数360万人以上とペアーズに次ぐ人気の婚活サイト・アプリです。

20代~30代で「結婚を見据えたお付き合いがしたい」という人が多く利用しています。

僕30代の僕はomiai(オミアイ)を使って、多くの女性とデートに行けましたよ。

1ヶ月3,980~から利用可能です。

 

 

with(ウィズ)

with(ウィズ)は、メンタリストDaigoが心理学を駆使して提供している出会い系アプリです。

with(ウィズ)は、趣味や性格診断などを入力し、異性との共通点を見つけやすいのが特徴です。「何を話そうかな?」と悩むこともないでしょう。

登録している女性の年齢層は比較的若く20代前半が多く、可愛い子もたくさん登録しています。

1ヶ月3,400~利用できます。

また21歳以下限定で1週間1,300円で利用できるプランもあります。お金がそんなにない学生さんも使いやすいように配慮されています。

 

-【恋愛】男性に多い悩み

Copyright© 恋愛婚活パートナーガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.