見た目はカッコ良くて、同性からすると如何にもモテそうな男性っていますよね。

でも、僕の知り合いにも、モテそうなのに「もう何年もいないだよね~」と言っている男性がいました。

よくよく聞いてみると、彼女を作りたくないわけではないようです。

では、一見するとモテそうなのに、なぜ彼女ができないのでしょうか?

ここでは、モテそうなのに彼女ができない男性の特徴について解説します。

彼女ができない男性の特徴①.一生懸命でない

基本的には、女性は尊敬できる男性を好みます。それは、異性として好きというよりも「人間的に好き」ということです。

女性に好かれるには、彼氏候補に入るか以前に「人間的に好き」を通過しなけばいけません。

よっぽどのイケメンでもない限り、人間的に嫌いな人を彼氏にしたいとは思わないのです。

 

尊敬できる男性とは、一言で言えば「何かに一生懸命な男性」とも言えます。

 

仕事にしても、趣味にしても、自分のやるべきことに真摯に向き合っているかどうかが大事なのです。

仕事の話をしても中途半端、趣味の話をしても"にわか"では、話していても面白みがありませんよね。

なんでも良いので、まずは何かに一生懸命努力することで、女性からの印象もガラッと変わります。

彼女ができない男性の特徴②.自己管理ができていない

仕事をしない、お金にルーズな男は論外ですが、健康面に関してまでルーズな男性はモテません。

「太っていてる男性でも大丈夫」という女性は多くいます。

太っていても、ジムに行ってるや食事に気をつけているのが見えれば良いのです。何も無理してムキムキやスマートになる必要はありません。

太るということは、自己管理の問題がほとんどです。

何も気にしていないのは、それ自体が女性にとって印象を悪くしてしまうのです。

彼女ができない男性の特徴③.お金にうるさい

デートに女性に奢ってもらう男性はさすがにいないでしょうが、割り勘もよくあまり印象が良くありません。

ただ自立心の高い女性は、「自分の分は自分で払います。」と言うことがあります。

その場合は、サッと払わせてあげましょう。

男性からすると、「え、良いの?」と思うかもしれませんが、会計時に大事なのは「スマートさです。

お金なんて、どちらが払っても良いんです。

できるだけ、お金にはこだわりはない(大事にしていないという意味ではなく)ことを見せることが大切です。

 

ただ、女性としては内心で「やっぱり男性のほうが多く払ってほしい」と思っているものです。割り勘にしたからと言って、「ラッキー」なんて言っているようでは彼女はできません。

もし割り勘だとしたら、

「ありがとう、この後お茶いかない?割り勘で申し訳ないし、俺出すから」と言えば良いのです。

女性を誘うときは、無理やしにでも理由をこじつけるのがベスト。

なんの違和感もなく、しかも女性からすればお茶代出してくれるなら、と付いてきてくれます。

 

もしあなたが全額はらっても「軽くお茶しない?」といれば良いんです。

女性は、「先ほど奢ってもらったからお返しをしたい」という気持ちを抱えたまま解散するのは気持ち悪く感じるものです。だから、軽いお茶も付き合ってくれる確率はかなり高いです。

お茶の会計でも「いや、ここも俺が払う」なんてグダグダ言って意地を見せずに、女性からの気持ちですので素直に受け取りましょう。

彼女ができない男性の特徴④.弱々しい

女性は不安にありやすい生き物です。

それは生理などホルモンバランスの影響もありますし、社会的にも腕力的にも男性に比べると弱い立場になりますいのです。

ですので、男性には強さを求める傾向にあります。

男性が弱々しいと魅力を感じないのです。

 

また、デートをして女性が男性に好印象を持ったとしても、女性からアプローチをするのは気が引けるものです。

女性は、できれば男性にリードしてほしいわけです。

手を繋いでくれない、甘い言葉も言えないようでは、女性は男性にロマンスを感じないのです。

男性からすると、女性に嫌われないかと心配して守りに入ることもあるでしょうが、そもそも気に入った女性を落として彼女にしたいと思うのなら、然るべきタイミングで男を見せる強引さは必要なのです。

彼女ができない男性の特徴⑤.理想が高い

アイドルや女優をテレビでみて、「あんな彼女が欲しいなぁ」と思う男性もいるでしょう。

僕だって有村架純とか 、ガッキー(新垣結衣)と付き合いたいですよ。

素人でもそれくらい可愛い子は稀にいますが、そんな女性がいれば男性は放っておくわけがありません。

理想を下げろとは言いません。

 

ですが、いろんな女性と話してみてください。

すると、アイドルほど可愛い女性でなくても、女性の魅力がよく見えてきます。

「この子は、話してて気持ちいいなぁ」

「笑顔が可愛いな」

「スタイルめっちゃ良いやん」

などね。

顔は微妙だけど、「胸があるなぁ」とか「脚が細くて綺麗」とか。女優ばりに綺麗な女性でなくても、魅力的な女性はたくさんいます。

そもそも最初から異性を意識していると、その態度が女性に伝わると女性は警戒するものです。

まずは、異性を意識せずいろんな女性と話をすることです。

彼女ができない男の特徴⑥.異性との会話に慣れていない

彼女ができない人の特徴を挙げましたが、ブサメンでも彼女ができる人はできます。

イケメンはほぼ無条件で女性にモテますし、サクッと彼女を作ってしまうのでフツメン~ブサメンは別のところで勝負する必要があります。

幸いにも、女性は男性の見た目よりも中身を重視する傾向にあります。

 

女性は自分をリードしてくれる男性に惹かれます。

どれだけお金を持っていようが、体系をスマートにしようが、"異性に慣れていない感"が出るとそれだけで女性は引いてしまうのです。

まず異性との会話に慣れることです。

出会いの場に出て、女性とたくさん話してみてください。

コスパ良く彼女を作るなら「婚活マッチングアプリ」がおすすめ

合コンでも街コンに繰り出し、多くの女性と会話してみることで、女性慣れしてくるものです。

ただ、合コンや街コンは当たり外れがあるのが欠点です。好みの女性がいなければ、お金も時間も無駄になってしまいます。

 

コスパ良く出会いたい人は、婚活アプリを使ってみてください。

自宅で居ながら気に入った女性にメッセージや「いいね」を送ると、相手から返事が来ます。

相手から反応があるということは、相手とあなたに興味を示しているということです。

そうなると、やりとり後に食事に誘うこともできます。写真を見ながらメッセージを送っているので、実際にあっても印象は変わりません。

僕もこれらのアプリで3ヶ月で8人以上の女性と食事に行きました。

理想の可愛い女性と出会える「婚活マッチングアプリ」の多くは、無料から始められます。

まずは、お試し感覚で始めてみてみましょう。

【大人気】おすすめの婚活アプリ3選

「出会いがない」

「彼女(彼氏)ができない」

「このままでは結婚できないかも」

悶々とした悩みを抱える人も多いでしょう。

僕自身も社会人になってから、極端に出会いがなく将来が不安でした。

過去には、合コンや街コンなども参加したことがありましたが、多くの時間とお金を消費してきました。

今はアプリが普及し、より多くの素敵な異性と出会うには婚活アプリを使った出会いが最もコスパが良いと言えます。

僕も婚活アプリを使って多くの女性とデートに行けました。今までの自分なら、絶対に出会えない女性とデートが楽しめるまでになりました。

婚活アプリを使えば、合コンのように誰が来るかわからない場で、お金と時間を消耗しなくて済むのです。

自宅にいながら気に入った異性と連絡をとり、意気投合すれば実際にデートを重ねるだけ。

時間もかからず、多くの異性と出会える婚活アプリ・サイトを活用してみてください。

まずは無料からお試しできますよ。

複数試してみて、あなたに合った婚活アプリを選んでみてください。

 

pairs(ペアーズ)
pairs2
迷ったらpairs(ペアーズ)
・800万人以上が利用(業界No.1)
・20代男女におすすめ
・男性月額3,000円前後(プランにより差額あり)
・男性は無料でお試し利用可能
・女性はすべてのサービスが無料
※料金は多少変動する可能性あり

pairs(ペアーズは、婚活サイト・アプリの中で最も認知度が高く、800万人が登録しています。

僕も婚活アプリを使って多くの女性とデートに行けました。

今までの自分なら、絶対に出会えない女性とデートが楽しめるまでになりました。僕もpairs(ペアーズを使って、実際に女性と食事に行くことができましたよ。

年齢層としては20~30代が多く、気軽に「恋人が欲しい」という男女におすすめです。

 

いますぐ始めたい人はこちら▼

詳細はこちら

 

omiai(オミアイ)
サクラゼロ宣言
【結婚も視野に】20~30代男女に人気
・利用者数360万人以上
・20~30代男女に人気
・真剣に出会いを探している人が多い
・男性月額3,000円前後(プランによる差額あり)
・男性は無料でお試し利用可能
・女性はすべてのサービスが無料
※料金は多少変動する可能性あり

omiai(オミアイ)は、登録者数360万人以上とペアーズに次ぐ人気の婚活アプリです。

僕30代の僕はomiai(オミアイ)を使って、多くの女性とデートに行けましたよ。

20代~30代で「結婚を見据えたお付き合いがしたい」という人が多く利用しています。

 

いますぐ始めたい人はこちら▼

詳細はこちら

 

with(ウィズ)
メンタリストDaigo監修
・恋愛心理学のノウハウが搭載
・趣味、性格診断であなたに合う異性が見つけやすい
・20代前半の男女が多い
・男性月額3,000前後(プランにより差額あり)
・1週間1,300円プランあり(男性21歳以下限定)
・男性は無料でお試し利用可能
・女性はすべてのサービスが無料
※料金は多少変動する可能性あり

with(ウィズ)は、メンタリストDaigoが心理学を駆使して提供している婚活アプリです。

with(ウィズ)は、趣味や性格診断などを入力し、異性との共通点を見つけやすいのが特徴です。「何を話そうかな?」と悩むこともないでしょう。

登録している女性の年齢層は比較的若く20代前半が多く、可愛い子(カッコ良い男子)もたくさん登録しています。

また21歳以下限定(1週間1,300円~)プランもあり、学生さんも使いやすいように配慮されています。

 

いますぐ始めたい人はこちら▼

詳細はこちら

おすすめの記事